離婚について考えてみるサイト「もう我慢できない離婚する!」

もう我慢できない離婚する!/タイトル

離婚のネックは子供の親権

夫婦が、何かしら原因があって離婚する場合、子供の親権を争うということがネックとなります。
その場合、母親側に親権が渡るパターンがほとんどです。
というのも、赤ちゃんがこの世に生を受けてから、父親は外で汗水流してせっせと生活費を稼ぎます。
その間、母親が家で赤ちゃんの授乳やオムツ替えなどをするのでどうしても赤ちゃんと母親とは強い愛情で結ばれて行くのです。
父親は子供の世話の方法を母親ほど知り得ません。
なので、母親が病気であったり、虐待をしていたりということの無い限り、親権は大抵母親に渡るのです。
しかし、父親も自分の遺伝子を持った我が子と離れたくはないし、厄介なのは父親側の両親すなわち子供のじいじとばあばが特に孫と離れたくない一心で、親権を得るために団結してしぶとく粘るのです。
そのような背景があって、半年以上の離婚調停でも決着はつかず、離婚裁判に持ち越しになり、それも半年以上かかり、長引いてしまうのです。

子供目線の親の離婚とは

夫婦関係に問題があって離婚をしたいと思っていても子供がいるのといないでは状況は大きく異なります。
もちろんDVを受けていたり、虐待をされていて片方の親から離れることで命が助かるという状況ならば早急に決断することも必要でしょう。
しかし、浮気や性格の不一致など親たちの都合での離婚の決断は子供にとって非常に大きな精神的ダメージとなり、今後の人生も左右すると言っても過言でないくらい強いショックを与えてしまうかもしれません。
大好きな親を失った悲しみと喪失感はとても辛いものです。
ですので、親の勝手な行動で子供の気持ちを考えない決断は非常に危険であるともいえます。
また親権や養育費の問題などが発生し、話し合いでもめたり、さらに傷つけてしまうことも大いにあり得るのです。
離婚後も面会や支援などをしたとしても、一度つけてしまった心の傷はなかなか癒されることがなく、自分の存在を否定してしまったり、心の傷が治らないこともあるのです。
安易な行動は人を傷つけるので絶対にやめましょう。

recommend

請求書 電子化

最終更新日:2017/12/8

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
トップへ戻る▲